BIOLY(ビオリー) 酸味は控えめで口当たりはさらっとしドリンクに近い飲みやすさ、ヨーグルトより乳酸菌を多く含み、世界的に長寿地域コーカサス地方の伝統食「ケフィア」をお届けします。本場東欧のケフィアメーカーKefirkoのミルクケフィアを扱っており、食事が不規則・栄養のかたよりが気になるなど「からだの内側から見直したい」あなたを応援します!

コンブチャとは?作り方や飲み方を紹介!

コンブチャと聞くと、「昆布茶」を思い浮かべる人もいると思いますが、「コンブチャ 」はお茶を発酵させて作る飲み物です。
 
日本では、「紅茶キノコ」という名前で流行ったことがありますが、今またその効能に注目が集まっているようです。
 
コンブチャとはどのような飲み物なのか、その効能や美味しい飲み方についてご紹介しましょう。
 
Kefirkoのコンブチャスターターの画像
 
 
 

『コンブチャ』とは

 
今アメリカで人気のコンブチャとは、スコビーと呼ばれる酢酸菌と酵母、糖類などを茶葉とともに発酵させた飲み物で、昆布とは全く無関係です。
 
独特な風味と香り、酸味がある飲み物で、日本では1970年代に一大ブームとなりました。
 
しかし、衛生管理が難しく、カビが生えてしまうことがあったり、どのくらい発酵させれば美味しく飲めるのかその判断がしづらかったりして、家で作るのはなかなか大変でした。そのせいか、ブームは一時的なもので終わってしまいます。
 
しかし欧米の健康志向の高まりから、発酵食品に注目が集まり、コンブチャも瞬く間にその人気が広まりました。
 
日本でも、改めて「コンブチャ」という名で知名度が高まりつつあります。
 
 
 

コンブチャの名前の由来

 
コンブチャと聞けば、日本人ならやはり「昆布茶」なのですが、全く違う飲み物がなぜこのような名前になったのでしょうか。
 
韓国語で菌のことを「KOM」と発音するため、それが変化してコンブチャになったとか、5世紀に日本にやってきた韓国人医師Dr.Kombuが持ってきたお茶がコンブチャだったとか。
 
諸説ありますが、確定的なことは良くわからないようです。その歴史も謎に包まれていて、 発祥の地もロシア、モンゴル、韓国、日本と様々な説があります。
 
とはいえ、日本で有名になったのは1970年代。発酵させるために入れるスコビーの見た目がキノコに似ていたことから、紅茶キノコの名前でブームになったのです。
 
 
 

お茶の種類は様々

 
紅茶キノコという名前を聞くと、紅茶の発酵飲料だと思われがちですが、緑茶や烏龍茶でも作ることができます。「チャノキ」の茶葉であれば、何でもOKです。
 
様々な茶葉の画像
 
 
 

コンブチャに含まれる栄養と効能

 
コンブチャには、
 
  • 酢酸菌
  • 乳酸菌
  • 酵母
などが含まれていますので、様々な健康効果が期待できます。
 
  • 抗菌効果
  • 血糖値抑制効果
  • コレステロールコントロール効果
  • 抗酸化効果
  • 血圧抑制効果
  • 肝機能の促進
  • 腸内環境の改善
などが報告されています。
 
まだ動物実験の段階ですが、悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールを増加させることがわかっています。
 
日本では美容やダイエットという側面に注目が集まっていますが、健康面でも大きな効果が期待できることから、世界中で様々な実証実験が行われています。
 
コンブチャはあくまでも食品であり、薬ではないですが、発酵食品ですので、体に良いことは間違い無いでしょう。
 
 
 

コンブチャの作り方

 
コンブチャは、市販のものを購入して飲むのも良いですが、ややお値段も高めなので、自分で作るという方法もあります。
 
<材料>
  • 紅茶(または緑茶):5g
  • お湯:500ml
  • 砂糖:50g
  • 培養のための種菌
  • 清潔なガラス瓶
  • キッチンペーパー

 

Kefirko「コンブチャスターター」を使用した場合の分量はこちら

 
<作り方>
  1. お茶を作り、ガラス瓶に入れて砂糖を加えます。
  2. 30度くらいまで温度が下がったら種菌を入れます。
  3. キッチンペーパーで蓋をしておきます。(ゴムなどで止める)
  4. 直射日光の当たらない暖かい場所(24度前後)で発酵させます。
  5. 1週間ほどで完成です。
 
発酵させるときには、瓶を動かさなくてOKです。発酵していますので、蓋は空気を通すものにしてください。
 
味見をして、酸味を感じるようになったら飲み頃です。発酵の度合いを調節することで、自分好みの酸味に整えることもできますよ。
 
完成したコンブチャは、1割り程度残して、別のボトルなどに移し替えて飲んでください。
 
残したコンブチャとスコビーに、新しくお茶・水・砂糖を加えて発酵させれば、また新しいコンブチャができます。
 

コンブチャスターター

 
 
 
 

コンブチャの飲み方

 
市販のコンブチャはそのまま飲みますが、自宅で作ったコンブチャは水やフルーツジュース、炭酸で割って飲みましょう。
 
原液:水を1:3くらいの割合で。好みで調整してください。
 
コンブチャ独特に味や香りが苦手、という方は、牛乳やアーモンドミルクに混ぜたり、スムージーに入れるのも良いでしょう。
 
飲み物としてだけでなく、例えばヨーグルトにかけて楽しむのもおすすめです。
 
 
1日の摂取目安量が20〜30mlとされていますので、飲めば飲むほど健康に良いというわけではないという点に注意してください。
 
 
 

まとめ

 
コンブチャは、かつて日本でもブームになった「紅茶キノコ」のことです。スコビーと呼ばれる種菌を入れて紅茶や緑茶を発酵させた飲み物であり、自宅で作ることもできます。
 
発酵食品ですから、腸内環境を改善することにより、さまざまな健康・美容効果が期待できます。海外セレブもこぞって飲んでいるコンブチャ、ぜひ試してみませんか?
 
 

「あなたの健康を内側から見直し!」発酵食品のオンラインショップ|BIOLY(ビオリー)

BIOLY(ビオリー)

酸味は控えめで口当たりはさらっとしドリンクに近い飲みやすさ、ヨーグルトより乳酸菌
を多く含み、世界的に長寿地域コーカサス地方の伝統食「ケフィア」をお届けします。
本場東欧のケフィアメーカーKefirkoのミルクケフィアを扱っており、食事が不規則・栄養
のかたよりが気になるなど「からだの内側から見直したい」あなたを応援します!

屋号 株式会社Mizukino
住所 〒135-0063
東京都江東区有明三丁目7番26号有明フロンティアビルB棟
営業時間 10:00~17:30
定休日 火曜日
代表者名 清水 英恵
E-mail info@bioly.jp

コメントは受け付けていません。

特集