BIOLY(ビオリー) 酸味は控えめで口当たりはさらっとしドリンクに近い飲みやすさ、ヨーグルトより乳酸菌を多く含み、世界的に長寿地域コーカサス地方の伝統食「ケフィア」をお届けします。本場東欧のケフィアメーカーKefirkoのミルクケフィアを扱っており、食事が不規則・栄養のかたよりが気になるなど「からだの内側から見直したい」あなたを応援します!

補食にプロテインを用いた場合の摂取方法や体への影響について解説

補食として人気が高まっているプロテイン

 

ダイエットや筋力アップを目的とする男女にとって、必要不可欠な食材となりつつあるプロテイン。水や牛乳に溶かして飲むだけ、という手軽さから朝食に代用したり、補食として利用したりする人が増えています。

プロテインは補食として有効なのでしょうか。また、補食として利用することでどのような栄養素が得られるのでしょうか。

 

今回はプロテインの摂取方法や、補食としてどのように取り入れたらよいのかについてお話していきます。プロテインに興味がある方、また、これから筋力アップを始めたい方は最後まで是非お付き合いください。

この記事を読むための時間:3分

プロテインとは

プロテインとは元々タンパク質そのものを意味する言葉でしたが、現在ではタンパク質を主成分とする栄養食品のこととして広く知られています。プロテインには牛乳を原料として作られるホエイプロテインとカゼインプロテイン、大豆を原料とするソイプロテインの3種類があります。

 

それぞれ性質が異なり、ホエイプロテインが水溶性であり、吸収性の良さから筋力アップ効果が高いのに対し、同じく牛乳を原料とするカゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、満腹感が持続しやすいのが特徴です。また、ソイプロテインは大豆イソフラボンを多く含み、美容効果が高いとされています。利用者はそれぞれの目的に合わせてこれら3つの中からふさわしいプロテインを選んで摂取することが可能です。

 

タンパク質の摂取に特化した食品であることから補食としても向いており、アスリートにはもちろん、成長期の子供の補食としてもプロテインはおすすめです。

プロテインはどうやって飲むの?

プロテインは水や牛乳に混ぜてそのまま飲用するのが一般的な摂取方法ですが、スープ等の料理に混ぜたり、様々なデザートに利用されたりもします。最近ではいろいろなレシピが雑誌やインターネットで紹介されており、バラエティ溢れる補食としての可能性も秘めています。

目的に合わせたプロテインの摂取方法

プロテインは3種類ありますがそれぞれ性質や特徴が異なり、利用するには目的を明確化し、それぞれの目的に合わせたプロテインを選ぶことが大切です。また、プロテインの効果を最大限得るためには、飲むタイミングも重要であるといわれています。目的に合わせた摂取方法について、具体的に解説していきます。

筋肉を付けたい場合

筋肉をしっかり付けたいのであれば、吸収性が高いホエイプロテインがおすすめです。ホエイプロテインは水溶性で、不溶性のカゼインプロテインやソイプロテインよりも素早く筋肉に吸収され、筋力アップを助長します。また、運動後30分以内の摂取を心がけることでより効果的に筋力を付けることが可能です。筋肉をしっかり付けるためにも糖質と一緒に摂取することをおすすめします。

ウェイトを増やしたい場合

脂肪を付けずにウェイトを増やしたいのであれば、カゼインプロテインがおすすめです。カゼインプロテインは栄養バランスがよく、余計な脂肪分が含まれていないため、筋肉をしっかり付けながらウェイトを増加させることができます。カゼインプロテインは不溶性で体にゆっくりと吸収されていくため、就寝前の摂取がおすすめです。

ダイエットをしたい場合

ダイエットをしたいのであれば、ソイプロテインの活用をおすすめします。ソイプロテインに多く含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンを増加させ、ダイエット効果を得つつ、美しい体のラインをキープすることもできます。

プロテインを補食に活用しよう

プロテインは高タンパク低脂肪で栄養バランスもよく、成長期の子供やアスリートの補食にうってつけです。より効果を得るためにも、糖質と一緒に摂取することをおすすめします。味や風味に癖がないことから、最近ではデザートや料理などにも用いられることが多くなったプロテイン。オリジナルのレシピを開発してみても面白いのではないでしょうか?

「あなたの健康を内側から見直し!」発酵食品のオンラインショップ|BIOLY(ビオリー)

BIOLY(ビオリー)

酸味は控えめで口当たりはさらっとしドリンクに近い飲みやすさ、ヨーグルトより乳酸菌
を多く含み、世界的に長寿地域コーカサス地方の伝統食「ケフィア」をお届けします。
本場東欧のケフィアメーカーKefirkoのミルクケフィアを扱っており、食事が不規則・栄養
のかたよりが気になるなど「からだの内側から見直したい」あなたを応援します!

屋号 株式会社Mizukino
住所 〒135-0063
東京都江東区有明三丁目7番26号有明フロンティアビルB棟
営業時間 10:00~17:30
定休日 火曜日
代表者名 清水 英恵
E-mail info@bioly.jp

コメントは受け付けていません。

特集