BIOLY(ビオリー) 酸味は控えめで口当たりはさらっとしドリンクに近い飲みやすさ、ヨーグルトより乳酸菌を多く含み、世界的に長寿地域コーカサス地方の伝統食「ケフィア」をお届けします。本場東欧のケフィアメーカーKefirkoのミルクケフィアを扱っており、食事が不規則・栄養のかたよりが気になるなど「からだの内側から見直したい」あなたを応援します!

補食にヨーグルトがおすすめな理由について解説します

補食におすすめのフルーツやグラノーラが入ったヨーグルト

 

間食と言えばスナック菓子やチョコレート等がかつては主役でしたが、現代ではヨーグルトやドライフルーツ等が主流になりつつあります。ヨーグルトはタンパク質とカルシウムが同時に摂取でき、ドライフルーツは3度の食事だけでは不足になりがちな食物繊維を多く含んでいます。

 

これらの栄養素を3度の食事の間で摂取することを「補食」といい、ただ小腹を満たすことが目的だった間食から、不足しがちな栄養素を補給することを目的とする補食へと、おやつ事情は変化しつつあるようです。その流れの中で豊富な栄養素を兼ね備えているヨーグルトは補食の最たるものとして現在注目されています。

 

今回は補食にヨーグルトがおすすめな理由について解説していきますので、ご興味のある方は最後まで是非お付き合いください。

この記事を読むための時間:3分

補食を摂取することでのプラス要素とは

補食を摂取することで、3度の食事だけでは不足しがちなタンパク質や糖質等を効率的に摂取することができます。1日分の栄養素を朝昼夕の食事だけで賄おうとすると、相応の量を食べなくてはいけなくなります。

 

特にまだ量を多く食べることができない子供や、激しい運動により大量のタンパク質や糖質を消費するアスリートは、3度の食事だけでこれらの栄養素を補給することはかなり困難です。補食を取り入れ、必要な栄養をこまめに分けて補給することにより、無理なく摂取することが可能になります。

人気がある補食は?

補食で人気が高いのはヨーグルトやナッツ類、ドライフルーツ等です。特にヨーグルトはタンパク質やカルシウム、乳酸菌等も同時に摂取でき、タンパク質で筋肉の増強や疲労回復が、カルシウムで骨の増強が、乳酸菌で腸内環境の改善等が見込めます。

 

また、ヨーグルトはフルーツとの相性も良く、ドライフルーツやフレッシュフルーツと混ぜて摂取すれば食物繊維やビタミン、ミネラル等も摂取でき、多くの栄養を一度に摂取することが可能です。

補食の摂取量は1日当たりどれ位?

補食の摂取量は1日に必要な総摂取カロリーの約10%と言われています。成人の総摂取カロリーが男性で2300kcal、女性で1700kcalですから、男性が230kcal分、女性が170kcal分補食を摂取できることになります。では、これらの数値をおやつとして人気が高い、ポテトチップスやアイス、チョコレートに当てはめるとどれ位の量が摂取できるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

ポテトチップスの場合

ポテトチップスの場合、1袋70g入りのものが約400kcalなので、補食として摂取できる量は2分の1ぐらいといったところではないでしょうか。ポテトチップスは補食ではないとの考えが一般的ですが、気分転換のための嗜好品として食するのであれば、量をあらかじめ決めておけば問題ないでしょう。

アイスの場合

アイスの場合、アイスクリームが120ml入りで約300kcal、アイスキャンディーが1本あたり70~90kcalになります。カロリーを制限中であれば、アイスクリームよりもアイスキャンディーを選んだほうが無難です。

チョコレートの場合

チョコレートの場合、50gの板チョコが一枚当たり約300Kcalです。チョコレートにはポリフェノールが多く含まれており、リラックス効果が見込めます。1日に20g~25g位の量であれば、気分転換に食しても問題ないでしょう。

ヨーグルトが補食におすすめな理由

ヨーグルトが補食におすすめなのは、栄養の多さと体への効能が多大だからでしょう。ヨーグルトには血や筋肉、骨等を構成し、疲労回復効果が見込めるタンパク質や、骨を丈夫にし、精神安定効果も狙えるカルシウム、腸内環境を整える乳酸菌等が多く含まれています。

 

また、クリーミーな食感と甘酸っぱい味わいによりデザートとしても申し分なく、フルーツとの組み合わせでいろいろな食感や味の変化が楽しめます。

ヨーグルトを補食にしてみよう

ヨーグルトはその栄養の多さから補食の最たるものといっても過言ではありません。アスリートや成長期の子供に不足しがちなタンパク質を素早く摂取でき、同じく含まれているカルシウムによりリラックス効果も期待できます。体だけでなく心にも栄養を補給できるヨーグルトをぜひ補食に取り入れてみてください。

「あなたの健康を内側から見直し!」発酵食品のオンラインショップ|BIOLY(ビオリー)

BIOLY(ビオリー)

酸味は控えめで口当たりはさらっとしドリンクに近い飲みやすさ、ヨーグルトより乳酸菌
を多く含み、世界的に長寿地域コーカサス地方の伝統食「ケフィア」をお届けします。
本場東欧のケフィアメーカーKefirkoのミルクケフィアを扱っており、食事が不規則・栄養
のかたよりが気になるなど「からだの内側から見直したい」あなたを応援します!

屋号 株式会社Mizukino
住所 〒135-0063
東京都江東区有明三丁目7番26号有明フロンティアビルB棟
営業時間 10:00~17:30
定休日 火曜日
代表者名 清水 英恵
E-mail info@bioly.jp

コメントは受け付けていません。

特集